コラム

停電時に注意すること

近隣で落雷があった場合、ブレーカーの容量を超えた場合、長い停電が起こった場合などの対処方法をご存知ですか?日常の中で停電が起こった場合の注意点をご紹介します。

雷が近隣に落ちることで、瞬間的な停電や一時的な停電が起こることもあります。まず、雷が鳴り始めたことを確認したら、電源が繋がっていると故障すると困る家電製品のコンセントを抜きましょう。雷の通過によってPCやプリンターが壊れるというケースもあります。

 

ブレーカーが落ちて停電する場合は、契約しているアンペア数を超えている、漏電が起っている可能性もあります。落ちてしまったブレーカーを再び上にあげるには、必ず使っている家電などのコンセントを抜くか、電源を落とした状態にした上で、1つずつ上げていきましょう。

頻繁にブレーカーが落ちてしまう場合には、アンペア数を多くする電気工事も検討されるとよいでしょう。

もし漏電の危険性がある場合は、ブレーカーは落としたままですぐに電気工事を行っている会社に工事の依頼を行いましょう。

その際に対処法を問い合わせると、状況に合わせた安全な対処法を教えてもらえるので不安なことは尋ねてみるとよいです。

 

漏電や停電などの各種電気工事のことなら豊島区の杵和電工までお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

2020.09.18

pagetop