コラム

在宅ワークの弊害?漏電を起こす可能性も?電源タップやタコ足配線に注意!

新型コロナウイルスの影響によって、テレワーク/リモートワークを導入する企業が加速するなど、暮らし方や働き方が大きく変わってきています。

今まで職場で行っていたデスクワークなどを在宅で行うためには、多くの方がご自宅でPCを使用していることでしょう。PCを使った作業の他にも、充電などで電源を必要とすることが多く、お部屋にあるコンセントの数には限りがあるので、延長コードやタップを購入して対応している方も多くいらっしゃると思います。

しかし、生活空間では、すでに冷蔵庫や洗濯機、電子レンジ、オーブントースター、炊飯器、エアコン、扇風機、ストーブ、こたつなど、すでに多く電力を使用する家電が使われています。この中で、タップを使って電源コードをたくさんコンセントからつなぐと、過電流を起こして出火する危険性があります。

 

また、ペットにいたずらされた痕のある古い延長コードなどを使用すると、漏電を起こして感電したり出火する原因につながります。

他にも、よく実証映像として流れているずっと挿したままのコンセントにホコリが溜まって、そこから出火が起こることもあります。

おうち時間が長い時期だからこそ、お部屋の中のコンセント周りを一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

LEDへの改修工事や停電などの電気工事のことなら豊島区の杵和電工有限会社にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

2020.08.20

pagetop